So-net無料ブログ作成

塩村議員へのヤジの主犯は誰かわかったが、見てみぬ振りをした人は誰?! [ニュース]

こんばんは、

何度か記事にしてますが東京都議会塩村議員へのヤジ問題、
誰か結局あっさりわかり本人が釈明しましたね。

ヤジの正体は自民党の鈴木章浩議員で
、「先生にご心痛を与えて、
本当に申し訳ございませんでした」とお詫び。

お詫びするくらいなら言葉をもっと配慮すべきじゃないのかねえ。

そんな中で、漫才協会名誉会長で漫才界の重鎮、 内海桂子師匠が自分のTwitterで一喝してました。

「女都議が切り返せば話が早い」と。


内海師匠は人生経験があるだけ、
なかなかいうことも辛辣にとる人もいるかもしれません。

140文字の中での呟きを読んでると、
一字一字、筋を通ることがきちんと書いていました。

例えば、ヤジで騒いた時に、
ヤジはだれが言ったのか、
切り出せばことが早いことや、
自分ができないなら、
その場で議長に要請すればいい
そして、プロ同士が戦っている世界の話は、
まずその世界で解決すべきと。

内海師匠の言う事は確かに一理ある感じです。
例えば男女同権を主張するならば、議長に申し出るど、
女性だからその場が言えなかったというのは筋が通らない話です。

話が少しそれましたが、

誰と言われるまでもなくあの人じゃない?!

といった表現を使いたくなるくらい、
どうも鈴木議員、騒動、不祥事を起こしていますね。

例えば海外視察報告書に、
大学教員の講演要旨を丸写ししたり、
挙句の果てには、Wikipediaを丸写しするなど、

コピペが好きなのか

と思ってしまいます。

その他、無許可で尖閣諸島にある魚釣島に無断上陸したり、
言葉に限らず、行動も大胆な人だと改めてわかりました。


今回はヤジ発言の大元が謝罪しましたが、
ヤジに参加せず、
見て見ぬふりをしている人が大多数いたと思われます。

個人的に、その人らは、
何もお咎めなしという事になるが、
実際、止めたかったのか、
議会を進めたかったのか、
それとも何か今後の選挙等で、
色々と不利になるので、見て見ぬふりを貫いたのか。

言い過ぎかもしれませんが、
無関心で臭いものには目を向けない人らに、
議員として勤まるか。


人のなりゆき次第で、きちんとした賛成か反対かの、
挙手をする人らではない、きちんと政策を考えてくれる人か?

と思いました。

---------------------
【関連記事】
元ミスヤンマガ、塩村文夏議員の画像を見ながら、ヤジ問題を考えてみて

塩村文夏議員の恋のから騒ぎ時代のエピソードまとめ。同期の事など。



スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。