So-net無料ブログ作成
検索選択

ナイナイ岡村隆史の苦言を聞いて、うつの原因はさんまさん以外にもあると… [エンタメ]

こんにちは。

ナインティナインの岡村隆史さんが、
W杯の真のサポーターはいないと、
オールナイトニッポンで、
苦言を呈していたようですね。

なんだか、その苦言を聞いて、
真面目に語っている感じがして、
うつ病に近いパターンかなとふと思った今日この頃。





岡村隆史さん、
さんまさんに対して、
かなり怖いイメージを持っているようで、
それが原因であることなどが書かれていましたが、
このコメントを見て、

なかなか、芸人風だけど、
まともな、自信をもった苦言を、
呈しているんだなと思ってしまいました。



性格柄、でちゃったんでしょうかね。


その苦言、というと・・・

W杯初戦のコートジボワール戦の後に、
渋谷のスクランブル交差点で、
ハイタッチや挙句の果てに、
痴漢行為などが発生したことに対してです。


試合は日本の逆転負け。
それにかかわらず、
ハイタッチと「ニッポン」コールの応酬、
痴漢行為などを聞いて、
「スクランブル交差点にアホがでた、
そして渋谷に集まり騒いでいる輩は、
真のサポーターではない、アホ」とかもう止まらない感じでした。

ここまでで、なんだかweb見ていると、
有吉さん的な毒舌キャラを出している雰囲気。

そして、相方矢部さんが、
何に対してハイタッチしたのかと、
岡村さんに問いかけたら、

「負けてハイタッチしている姿勢について謎である」と、


苦言を呈しました。

また、岡村さんは、
日本のサポーターがスタジアムを、
掃除している美談を例にして、

「ハイタッチや痴漢等が起こったことについて、
その美談に対するプラスのイメージが、
プラマイゼロ、
強いていうならマイナス位のイメージになってしまった」
と、

バッサリ斬りました。

個人的な想いですが、

冷静に見ると、負けたのにハイタッチ。
これって、日本が負けて悔しいのをハイタッチで気持ち、
盛り上げようとしている証なんですかね。


もしさんまさんと一緒だったら、さんまさんは、
「別にいいやろ!」等と、
軽く一蹴しそうな雰囲気。


ネットとかを見ると、
うつ病で休養し、
その原因を作ったのが、
さんまさんが怖かったからとか言ってますが、
さんまさんだけでなく、元々の真面目さ、
正義さが病気を引き起こす一員ではないのか、
と思った今日この頃でした。


スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。